「アルティメット」セルフケアの重要性とグッズ紹介

スポンサーリンク
その他

こんにちは、バズバレッツの雷人です。

今日は「セルフケアグッズの紹介」をしようと思います。

アルティメットは運動強度が高い競技ですのでセルフケアが非常に重要になります。

そのため、今回は私が持っている範囲でのグッズになりますが、セルフケアの道具について紹介していきます。

スポンサーリンク

セルフケアの重要性とグッズ紹介

今日はアルティメッター、いやスポーツマンの必要な「セルフケア」と必需品である「セルフケアグッズ」について紹介していきます。

グッズについては個人で持っているものしか紹介できませんが、セルフケアに興味を持って個人の身体としっかりと向き合ってほしいと思います。

特に社会人は年齢を重ねるごとに身体がガタつき始めることがあるので、セルフケアをしっかり行いましょう。

セルフケアの重要性

アルティメットはスポーツの中でも非常に運動強度の高いスポーツだと思っています。

その中でやはり競技者にとって「怪我」や「故障」が一番怖いものになります。

また、長丁場の大会や1日何試合も行うような大会では、いかに疲労を残さないかということが重要と言えます。

さらにチームにトレーナーさんがいれば頼ることもできますが、多くのチーム(特に大学生チーム)ではチームにトレーナーさんがいることは少なく、個人でケアをしている人も多いかと思います。

バズには幸い敏腕トレーナーがいますが、2人のトレーナーさんだけで20人もの選手を全てケアすることは難しいです。(実際大会の夜は長蛇の列でケアが深夜に及ぶことも)

トレーナーさんがいるチームでもしっかりと「セルフケア」を行い自分の身体を管理する必要があります

そういった面で「セルフケア」はスポーツマンにとって必要不可欠な能力と言えます。

セルフケアグッズの紹介

私が現在持っている「セルフケアグッズ」について紹介していきます。

持っているグッズは以下の通りです。

  • ストレッチロール(DOCTOR AIR)
  • グリッドフォームローラー(トリガーポイント)
  • PHYSIOnano
  • ヨガマット

以上になります。

持っているものだけだと少ないですね笑。

一つずつ紹介します。(リンクは貼っていいのかわからなかったので貼ってません。興味ある方は自身で調べてみてください。)

ストレッチロールS(DOCTOR AIR)

こういうやつです。「ブルブル」って呼んでいます。

ボタンを押せば本体が振動をして筋肉を刺激し、ストレッチ効果を高めてくれます。

近年スポーツ界でもトレンドの「筋膜リリース」をより効果的に手伝ってくれます。

お値段はかなり高く19,352円(税込)します…。なかなか手の出せない品物ですね・・・。

ただ、値段がするだけのことあってかなり良いお仕事してくれますので金銭的に余裕のある方は試してみてください。

一人暮らしで二階以上で下の階に住民がいる場合はかなり注意が必要です笑。

持ち運びやすい細長いタイプや、より身体の深部に当たる球体のタイプもあります。

グリッドフォームローラー(トリガーポイント)

「コロコロ」です。

使用用途は同じで「筋膜リリース」です。

かなり前に東京マラソンを走った後、膝を傷めた時に購入したものです。値段は5,000円(+税)

このローラータイプのものは、いろんなメーカーが出しているので持っている人も多いですね。ドンキとかでも安く売ってるので、最初はそっから試してみても良いかもしれません。

これも球体のタイプ、細長いタイプ、手で持ってゴリゴリするタイプ、長さが短いタイプとたくさんのレパートリーがあります。

この「コロコロ」の一番厄介なところは「かさばる」ことなので、いろんなタイプがあるのは助かります。

PHYSIO nano

今度は「ビリビリ」です。

これは2012年ごろに代表選手のみ特別割引で購入したもので、いまは購入できるかわかりません・・。

微弱電流を患部に流すもので、整骨院とかで治療を受ける際に電気を流すやつの、すごく弱いバージョンです。

どちらかというとこれは怪我した後などに使用することが多いので使用頻度は少なめです。

多分肩こりとかにも効くので今度試してみます。

最近は古澤選手が骨折していたので貸し出してました。

これはおんなじ様なものが売っているのかわからないので参考になるかどうか微妙ですね。

ヨガマット

最後は「ヨガマット」です。

セルフケアグッズと呼ぶにふさわしくないかもしれませんが、一枚あると部屋で自重のトレーニングや体幹トレーニング、ストレッチをする際に使用することができます。

ストレッチは「セルフケア」の基本です。

私は部屋にカーペットなど敷いていないので、お風呂上がりのストレッチはヨガマットを敷いて行っています。

特にメーカーなどこだわる必要もないと思うので安く手に入ります。

写真のものは確か1000円ぐらいで楽天の限定ポイントで買いました。

1枚ぐらい持っておくと自宅をジムの様に使うこともできるので、このコロナ期間でジムに行きづらい場合など使えるグッズになります。

筋膜リリースとは

「コロコロ」や「ブルブル」の説明で出てきた、「筋膜リリース」を知らない方もいるかもしれないので念のため説明しておきます。

筋膜リリースとは、筋膜の委縮・癒着を引き剥がしたり、引き離したり、こすったりすることで、正常な状態に戻すことを言います。

詳しく書くとかなり専門的な体育大の人しか気にならない感じになるので簡単にいうと、「筋肉を覆っている筋膜を剥がし、筋肉の柔軟性をアップさせる」ことになります。

筋膜リリースは運動前のウォーミングアップ直前に行うと効果的で、しっかりと行うことで怪我のリスクを軽減することができます。

世界的にトップアスリートの間でも「筋膜リリース」はセルフで行うものという認識は広まっています。

「筋膜リリース」めちゃくちゃ気持ちいので是非試してみてください。

もし大会会場などでお会いした時に持っていたら貸し出ししますので言ってください。

自分の身体としっかり向き合う

私は幼い頃からスポーツをいろいろやっていましたが、大きな怪我もなく大学四年まできました。

しかし、社会人になってから週五日勤務+土日アルティメットでは身体が追いついておらず、ついには2012WUGCの約2ヶ月前に肉離れを起こしてしまいました。

そしてそれからというもの身体が痛みを感じることが年齢を重ねるにつれて多くなってきました。

自分自身がケアを怠ってきた結果だと思っています。

身体は正直です。

アルティメットのキャリアが大怪我などで終わってしまうということがない様に、今後はもっと「セルフケア」に意識をおいて自分の身体と向き合っていこうと思います。

まとめ

今回はセルフケアの重要性とセルフケアグッズについて説明しました。

グッズに関しては現在私が持っているものだけになってしまい少ない情報しか提供できなかったのですが、世の中にはもっとたくさんの商品があります。

身体は人それぞれ違いますし、自分自身に必要なケアも違いますので、ぜひ自分の身体に合ったセルフケアグッズを探してみてください。

個人的には「筋膜リリース」ができるグッズは1人ひとつか、もしくはチームみんなで割り勘して数個買うことをオススメします。

これからも怪我のないアルティメット生活を送るためにも、「セルフケア」を意識していきましょう。

ということで今日はこの辺で。

それでは、また。

コメント

タイトルとURLをコピーしました