「アルティメット」バックハンドスローの握り方・投げ方【初心者向け】

スポンサーリンク
初心者向け

こんばんは、バズバレッツの雷人です。

いつか書こう書こうと思っていたスローに関する記事です。

アルティメットでの投げ方はいくつかありますが、本日はバックハンドスローにフォーカスして握り方や投げ方について紹介していきます。

アルティメットを始めたばかりの方や、これから始めたい方向けの記事になります。

まずはオーソドックスな投げ方をマスターしましょう。

スポンサーリンク

バックハンドスローの握り方・投げ方【初心者向け】

バックハンドスローはフリスビー(ディスク)を投げ方で一番オーソドックスな投げ方です。

ひとまずこのスローを投げられるようになるとミニゲームに入ってプレーできるようになります。

まずはスローの入門中の入門である「バックハンドスロー」を練習してみましょう。

関連記事
フォアハンドスロー(サイドアームスロー)の握り方・投げ方
アップサイドダウンスロー(ハンマー)の握り方・投げ方
スクーバスローの握り方・投げ方【初心者向け】

バックハンドスローの握り方

まずは握り方の確認です。(写真は右利きです。)

バークレーグリップ

ディスクの表面のギザギザの部分に親指が来るぐらいのところで握ります。

人差し指から小指は裏側でしっかりと握りリムの側面に当たるようにします。

この時ディスクと親指の付け根プニプニの部分に隙間がないようにします。

自分自身がリラックスして握ることができる方法でやってみてください。

※これが絶対に正しいという握り方はありません。投げ方によって人差し指を緩めたり、中指と薬指を緩めたりします。色々と試してみましょう。

クラシックグリップ

より初心者の場合で、どうにも左右にぶれて安定しない場合は「クラシックグリップ」という握り方もあります。

ただ、アルティメットのプレイヤーでこの握り方をしている人と出会ったことはまだないです笑。

確かに安定はするけど、力が伝わりにくい印象です。

バックハンドスローの投げ方

握り方を覚えたら投げ方です。

構え

まず最初は投げる方向(画像の奥、クローゼット側に投げる想定)に対して、体を横向きにして立ちます。

ディスクが地面となるべく平行になるように体の横で構えて、体の回転を使いながら投げていきます。

初心者の多くの人が最初、左から右へカーブする軌道になります。

これを修正するには、ディスクの先っちょを少しだけ下げる(垂らす感じ)と良いです。(母校では「ノーズダウン」と言ってました。)

テイクバックからリリースへ

ディスクをまっすぐ後方に引き、ディスクが一直線上を通るようなイメージで投げます。

腰→肩→腕→ひじ→前腕→最後に手首のスナップ!と連動するようにリリースに向けてディスクを動かす。

腕をしならせるようにする(鞭みたいな感じ)

リリース

リリースは体よりやや前あたりで離します。

リリースの瞬間まで体全体はリラックスさせて、とにかくスナップを意識してリリースします。

リリースの瞬間はドアをノックするような感じです。(強目に)

リリース後は受け手に握手を差し出すような感じです。

ディスクの回転数が上がってくると綺麗な軌道でブレないスローになります。

最初はディスクに強い回転をかけることを意識しましょう。

私がアルティメットを始めた頃にスロー練習で特に意識したことは、とにかく「ディスクが一直線上を通るようにすること」と「ディスクの回転数をあげること」です。

ディスクが一直線上を通るようにする理由は力をよりよく伝えるためと、左右にぶれさせないようにするためです。

地面にまっすぐ受け手に向かって伸びる線を描いて、その上をディスクが通るように投げるようにしてました。

このように体に巻きつけるようにテイクバックしてしまうと、ディスクの通る軌道は直線ではなくなってしまいます。

これは個人的には良くない例だと思っているので真似しないでください。

これだと力が伝わらないですし、軌道が弧を描いてしまうのでリリースのタイミングが違うだけで左右にぶれてしまいコントロールも難しくなります。

慣れてきたら踏み込んで投げる

アルティメットでスローを投げるには、ストーリングをかわして投げる必要があります。

そのため、普段のスロー練習から横に踏み込んで投げるようにしておきましょう。

右利きであれば右足をクロスさせるように踏み込み、踏み込んだ足にしっかりと体重を乗せて投げます。

横から見た場合

バックハンドスローで意識すること

スローの際に意識することは以下の通りです。

  1. ディスクが一直線上を通るようにする
  2. 構えた時のディスクは地面と平行になるようにする
  3. リリースの瞬間まではリラックス
  4. 手首のスナップを意識して投げる
  5. 体の連動性を意識する(腰→肩→腕→ひじ→前腕→最後に手首のスナップ)
  6. カーブ(左から右方向へ)してしまう時はノーズダウン!(ディスクの先っちょを下げてリリース)
  7. とにかくディスクの回転数を上げること

ディスクの回転数がアップすれば安定した軌道のスローが投げられるようになります。

まとめ

バックハンドスローの握り方から投げ方を紹介しました。

次回スローを投げる時は先ほどの意識するポイントを意識して投げてみてください。

スローは投げれば投げるほど上達します。しかし、すぐに上手になるわけではありません。

私も大学時代にアルティメットを始め、ディスクを投げ始めて暇さえあればスロー練習をしていましたが自分の中で安定してきたなぁと思えたのは一年生の秋頃です。

毎日のように投げていて半年もかかってます。(同期の中でも投げてた方だと思います)

人それぞれ投げ方も微妙に違って、考え方も違うので色々な人に意見を聞きながら自分で最大限の努力をしてスローを上達させましょう。

というわけで今日はこの辺で。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

それではまた。。

コメント

タイトルとURLをコピーしました