全日本アルティメット選手権決勝戦のスケジュールとコートサイズ

ニュース

※後日コートサイズについては訂正がありました。

こんにちは、1日の決断の中で朝ベッドから起き上がるのが一番しんどいと思っているバズバレッツの雷人です。寒くなると余計に。

今日も雨が降り涼しいを超えて寒い1日になりそうです。

さて、今日は「全日本アルティメット選手権決勝戦のスケジュール」というテーマで書いていきます。

日本最高峰のアルティメットの戦いが今週末行われますが、そのスケジュールについて改めて確認しておきましょう。

スポンサーリンク

全日本アルティメット選手権決勝戦のスケジュール

先々週に行われた本戦では熱い戦いが繰り広げられ、男女共決勝進出チームが決定しております。(関連記事「文部科学大臣杯第46回全日本アルティメット選手権大会決勝進出チーム出揃う

2年ぶりの全日本選手権ということもありますが、来年の世界アルティメットクラブチーム選手権大会(WUUC)の出場権1枠をかけた戦いでもあります。

そんな決勝戦のスケジュールが先週の段階で発表がありました。

決勝戦のスケジュールについては以下の通りです。

10:30〜 ウィメンの部

MUD vs SWAMPYBARG

2019年と同一カードとなっており、MUDが王座を守れるのか、それとも2年前に涙を飲んだスワンピーバーグがリベンジを果たすのか、目が離せない戦いになりそうです。

14:00〜 オープンの部

文化シヤッターBuzzBullets vs Rascals

BuzzBulletsが21回目の優勝を決めてクラブ選手権出場権を得るのか、中部の新勢力として若くて勢いのあるラスカルズがその座を奪うのか、対戦が楽しみです。

自分たちのチームはあまり日本では応援してもらえるチームではないですが、皆様の期待を裏切れるように頑張ります笑。こちらも守るべきものがありますので。

無観客試合

おそらくこのまま何も変更がなければ当日も無観客試合になりそうです。

連日これだけ報道されているコロナの感染者数は減っていたり、他のスポーツを見ても普通に観客を入れてやっている中で、まだ無観客を貫くのはあまり理解できませんが、今から変更をかけるほどの余裕と柔軟性はないと思うので、決勝戦も無観客になるでしょう。

YouTubeでのライブ配信やSpoliveでの速報などで注目していただければと思います。

土曜日のいい時間なので、多くの人が注目してくれることと思います。

コートサイズが違います

※後日協会から訂正の連絡がありました。正しくは、縦98m×横40.32m エンドゾーンは16.5mということでした。

こちらは恐らく出場チームにしかアナウンスされていませんが、決勝戦が行われる「大和なでしこスタジアム」ではサッカーフィールド以外のラインを使う事が施設の方から制限されているそうです。

そのため、現状あるサッカーフィールドのラインに合わせた形での試合になります。

コートサイズは以下の通りです。

  • 縦:105m(通常100m)
  • 横:40.32m(通常37m)
  • エンドゾーン:縦16.5m×横40.32m(通常、縦18m×横37m)
  • ブリックマーク:ゴールラインより16.5m(通常ゴールラインより18m)

ということでコート全体としては通常のコートよりも5m長く、3mちょっと幅広なコートになります。

さらにゴールゾーンも短く、通常縦幅の64mのセントラルゾーンが72mと、8mも長くなっています。

オフェンスとしては使えるスペースが広く、ディフェンスとしては守るスペースが広くなるのでこの辺が両チームにどのような影響があるのかも注目ポイントかもしれません。

当日のライブ配信でコートサイズに少し違和感があるかもしれませんが、そう言った事情があるということです。

早速土曜日の練習でこのコートサイズで練習してみましたが、感想としては「広い」でした。笑

まとめ

スケジュールに関してはすでに知っている情報になってしまったかもしれませんが、決勝戦のスケジュールとコートサイズについてでした。

ウィメンが10:30〜、オープンが14:00〜日本フライングディスク協会公式YouTubeチャンネルで配信でお楽しみください。

あと、決勝戦は広いコートで行われるということだけ頭に入れておきましょう。

決勝戦まであと5日となりました。

体調には気をつけて、体調管理記録も集中して入れて、良い状態で当日迎えられるように頑張ります。

というわけで今日はこの辺で。

ではまた。

コメント

タイトルとURLをコピーしました