「アルティメット」全日本学生アルティメット選手権大会の思い出

スポンサーリンク
その他

こんにちは、バズバレッツの能勢です。

この土日から練習再開しました。土曜日はミーティング、日曜日は体を起こすために午前中のみ軽く練習でした。

また一歩一歩積み重ねていきたいと思います。

さて、いよいよ学生選手権が始まりますね。西日本では明日から、中部より東は来週からというスケジュールで始まりますね。

そんな今日は単純な個人の振り返りとして、「全日本学生アルティメット選手権大会」の思い出を書いていこうと思います。

恐ろしいことに9年も前のことになりますが、、、。

スポンサーリンク

2007年 準優勝

まずは1年生から。

大学に入り始めての学生選手権はただただついて行っただけという思い出です。

本大会に入り、先輩方にドリンクを運んだり、声を出したり等のフォローをする事だけが個人として出来る事でした。

当時の人数構成は、4年2人、3年7人、2年4人、1年14人?ぐらいでした。

戦力と呼べる人数は少ないですね。よくこれで決勝まで行ったなという感じです。

決勝戦は最大のライバル「中京大学」と対戦し負けての準優勝。

個人的感想は正直、「全国大会の準優勝ってこんな簡単になれるんか」でした。何も知らずに生意気でした笑。

2008年 準優勝

2年目に入り人数構成も変わりました。4年7人、3年2人、2年9人、1年15人ぐらい。

恵まれていました。練習は自分たちが入らないとセット練習ができない、試合もそこそこ出れる、そんな状況でした。

そして学生選手権に入り、順調に勝ち上がり2年連続決勝戦進出。

相手はまたも「中京大学」

結果は敗れ準優勝。またもやあと一歩届かず。

それよりも個人として1本しか出れなかったことが悔しかった記憶があります。

当時は基本的に先輩がほぼフル出場してました。今考えるとすごい体力やなって思いますが笑。

なんやかんやで結局2年連続の「準優勝」という結果に終わりました。

2009年 4位 

最大の後悔を味わった年でした。

この年の人数構成は、4年1人、3年8人、2年10人、1年15人ぐらいでした。

4年生が1人しかいませんでした。自然と3年生以下の目標は””学生優勝して先輩を胴上げする””という目標ができました。

大会に入り順調に勝ち上がって行ったのですが準決勝での成蹊大学戦で悪夢が起きました。

ゾーンを得意としていた成蹊大学に対し、どハマりしてしまいました。

前日からのミーティングでも「なんとかなるやろ」という話で試合に望んでしまっていたのです。

結果、敗戦。決勝の舞台にも立てないで終わってしまいました。

完全なる「油断」「慢心」でした。

負けた悔しさよりも、そういうマインドで望んでしまった事への後悔が大きかったです。

そしてその時改めて思いました。

必ず来年は優勝する

2010年 優勝

最後の年である4年生。人数構成は4年8人、3年10人、2年12人、1年8人ぐらい。毎年良い感じに勧誘は成功しマンモスクラブに成長していました。

「学生優勝」というを再度目標にたて、3年の秋に新チームになってからというものほぼ毎回の練習で言っていたのではないかとおもいます。

当時4年の私たちは、1年生から練習に入らないといけない状況や3年ではオフェンスセット独占(4年がそもそも1人しかいなかった)していた為、経験は十分でした。

しかし知識がありませんでした。そこでラッキーなことにU23の代表選考会があると情報が入り、私を含め4人が挑戦することになりました。

単純に日本代表になりたいということもありましたが、最大の目的は「大学に知識を還元すること」でした。

選考会で持ち帰った練習や考え方や戦術などを、母校に還元していきました。

そして、大会に入りました。西日本予選の決勝では中京大学に負けはしたものの、余力を残してしまったという反省がありました。(個人的にはこの試合中に上競りの接触により両手首から落下とういう怪我を負う。)

本戦に進み順調に勝ち上がりました。(怪我もなんとか。。)

そして決勝相手は「中京大学」。その年はまさかの大阪開催だったので舞台は大阪・Jグリーン堺。

全ては自分たちに用意された舞台のような気がしました。

予選からの反省をもとに試合序盤から全力を注ぎ、序盤からリード。後半の後半で追い上げを食らうも逃げ切り優勝。

それはもう本当に嬉しかったです。

その日のうちに優勝することを見越して「祝勝会会場」を予約していたので、このあとみんなで喜びを分かち合いました。


「学生日本一」をチーム全員で共有し続け、何をしなければならないかを上級生を中心に考えコミュニケーションをしっかりととり、チーム全体が一つの方向に向かっていった結果だったと思います。

もちろんいろんな事がありました。辛いことも、ムカつくこともありました。

ただひと時も3年時の「悔しさ」を忘れず、「これだけのことをやってきた」という自信を持って望めた大会だったなと思います。

残り少ない時間ではありますが、これから学生選手権が始まるみなさんも

「やれることは全てやった」

と言える状態で大会にのぞみ、後悔ないように全力を尽くしてほしいと思います。

あと最後に一言

油断大敵

です。笑

それでは、また。

コメント

タイトルとURLをコピーしました