2022シーズンBuzzBullets始動しました〜Road To Gold〜

BuzzBullets

こんにちは、合宿明けで身体バキバキのバズバレッツの雷人です。

この三連休で毎年恒例のチーム合宿があり、体のあちこちで小さなおじさんが悲鳴をあげています。そんな体にムチをうち久々の朝ブログです。(自分で自分を褒めてあげたい)

さて今日は、「2022シーズンBuzzBullets始動しました〜Road To Gold〜」というテーマで書いていきます。

あまり考えずに一筆書きで書くので、この三連休合宿の振り返り的な記事になるかと思いますが、バズが年始どんな合宿をしているのかを、面白がっていただければと思います。

スポンサーリンク

2022シーズンBuzzBullets始動しました〜Road To Gold〜

今週末、8〜10日の3連休でバズバレッツで恒例のラントレ合宿がありました。

昨年はコロナの関係で、各県に分かれてのラントレになったのですが、今年はコロナが落ち着いていたことや、世界アルティメットクラブチーム選手権大会(WUCC)がある関係で、コロナ対策をしっかりと取りながら合宿を行いました。(部屋はもちろん全員シングル)

チームで行う合宿自体が久しぶりで、もしかすると2年半とか3年ぶりぐらいだったかもしれません。

ただ今回の合宿は一年で最もハードで胃がキリキリするような、年始恒例ラントレ合宿でした。

今回はその様子やメニューを少しチラ見せしつつ、レポート的に書いてみようと思います。

合宿初日

各自車での乗り合わせでアルティメットの聖地、富士川緑地公園に到着し「明けましておめでとうございます。」と新年の挨拶で合宿はスタートします。

新年の挨拶をしながら、笑顔の奥にどこか不安そうな表情があることを隠し切れません。

初日のスタートはまず60分間の軽いジョギングから始まります。

これは、自分たちのペースでかなりゆっくり年末年始に起こった出来事など、オフ期間にあったことを報告し合う時間でもあり結構好きな時間です。

ここで衝撃ニュースをブチ込んで来る人も少なくありません。ここでは書けませんが、今年も驚きのニュースがありました。

60分間走が終わったら各自ストレッチをしてラントレメニューに入ります。

最初のメニューはパールハーバー(追い抜き走)です。

2列縦隊を作り40m四方の周りを60秒ペースでジョギング、先頭の2人がダッシュして隊列に追いつくまでダッシュ。追いついたらまた先頭の2人がダッシュを繰り返すアレです。

7組のペアがそれぞれ2周したら終了というメニューでした。

ウォーミングアップです。

次はインターバル走。

ダッシュをそれぞれ10秒、30秒、45秒、60秒ランダムに走り、その半分の秒数(60秒なら30秒)をジョギングし、ダッシュとジョギングを交互に繰り返します。

トレーナーさんの笛に合わせてひたすらダッシュとジョギングを繰り返すというものです。

これを15本(秒数はバラバラ)2セット+7本で午前中は終了。

軽く昼食をとり午後のメニューに移ります。

午後一のメニューはサッカーです。サッカーと言っても、特別ルールがあります。

ゴールが決まった瞬間に、ゴールしたチームの全員がセンターラインを越えていないとゴールにならない、嫌でも走らされるサッカーです。これで体を温め直します。

そして次のラントレが2組に分かれ、40m3往復(1組が走っている間、もう1組がレスト)を15本。

最後に約100m弱を3往復(1組が走っている間、もう1組がレスト)を15本。

ちなみに最後の2つのメニューはタイム制限ありです。

これで初日のメニューは終了。

風も吹かない晴天の富士で、ディスクを一度も投げることなく初日を終えます。

合宿2日目

朝起きた時点で襲われる絶望感とヨチヨチ歩きで、朝食をすませこの日も晴天無風の富士川緑地公園へ向かいます。

まずはウォーミングアップで30分間のジョギングとストレッチ。

そして、悪魔の時間が始まります。

10時に始まったラントレメニューは1つのメニューが終わった時間は13時でした。

3時間ずっと走って休んで走って休んで、出てきた感想は「長い」笑。

内容は2組に分かれて、1組走っている間もう1組はレスト。

走る距離は以下の2パターン

  • ① 20m3往復+30m2往復×5セット(6分以内)
  • ② 20m3往復+25m2往復+30m2往復(80秒以内)

上記をランダムに走り合計で・・・22本。

これで体のエネルギーはほぼ枯渇しました。

昼食をとり、午後(というかもう夕方)にようやくディスクを使って基礎練習と5点ゲームを1本やって2日目を終えます。

「バズは年始にディスクを使わない合宿があるらしい」という噂があるそうですが、「3日のうち1日半強は」の間違いですね笑。

とりあえず2日を終えた時点の体はもうボロボロです。

合宿3日目

朝目が覚めても、一瞬動くのをためらいます。意を決して部屋のユニットバスにお湯をはり、体を温めてから朝食を食べました。

おも〜い足取りでグラウンドに到着。ようやく1日アルティメットができる日がきました。ただ体はボロボロです。

痛い箇所は無数にあり、気づけば違うところに移転しています。

そんな中でもだらしないプレーが出来ないのがバズバレッツというチームです。

踏み込み足が自分の体重に耐えられなくても、膝より下のディスクがきても、ジャンプしなければ取れないディスクがきても、ディスクを落とさず質の高いプレーが要求されます。

でもやはりディスクがあるだけで、頑張れるのは不思議なもんです。

3日目のメニューとしては

  • ウォーミングアップ
  • 基礎練(45度、スルーザマーカー、エンドゾーンドリル、シュート)
  • セット練習5本×3セット
  • 変則ゲーム
  • 5点ゲーム
  • 3点ゲーム×2本

という感じでした。

最後の3点ゲームの手前ですでに、私の膝は悲鳴をあげていたのですが、出来なくない状態だったのでプレーしました。

案の定トドメの一発になり、その後膝の痛みはマシマシ。後悔先に立たずとはこのことだと思いました。勇気ある撤退も必要だと強く感じました笑。

あとラントレしてる時は全く風が吹かないのに、最終日アルティメットをやる日に限って、風が吹き出すのは神様からのイジメとしか思えませんでした。お昼前からはなかなかの強風だし。

とかく、3日間の合宿はこんな感じで幕を閉じました。

まとめ

というわけで、今日はバズの恒例行事の年始三連休ラントレ合宿について書いてみました。

冒頭でも書いた通り、今年はWUCCがある勝負の年です。7月に走り抜ける体を作るために、有意義な合宿になりました。

勢いのある元気で明るい若手もたくさん入り、みんなで励まし合いながら地獄のようなメニューを走り切ったことでチームとしての一体感も生まれました。

底なしに明るい若手達

ここ2年コロナの影響で大会や合宿の回数が少なかったので、純粋にチームメイトと合宿ができたことが楽しく、嬉しく、ありがたい3日間でした。

WUCCまであと200日。約28週間。土日は約56回。うち大会が数回あって、そのうちの数回雨で中止になる可能性があると考えると、本当に日にちがありません。

土日以外の平日の過ごし方も含めて、7月にピークを持っていけるように日々頑張っていきますので今後とも文化シヤッターBuzzBulletsの応援よろしくお願いいたします。

というわけで今日はこの辺で。

ではまた。

#文化シヤッターBuzzBullets
#RoadToGoldWUCC2022
#残り200日
#世界一までの物語

コメント

タイトルとURLをコピーしました