文部科学大臣杯第46回全日本アルティメット選手権大会本戦結果〜ウィメン部門〜

ニュース

こんにちは、先週の全日でチームのライングループに持ち物リストを送ったのにその中の2つを忘れてしまったバズバレッツの雷人です。

アルティメットの大会が再開してくれて話題が尽きず、ブログ記事にできるネタが多くて本当に助かっています。

さて今日は昨日に引き続き「文部科学大臣杯第46回全日本アルティメット選手権大会本戦結果〜ウィメン部門〜」というテーマで書いていきます。

先日「文部科学大臣杯第46回全日本アルティメット選手権大会決勝進出チーム出揃う」ということで決勝進出チームのみ紹介させていただきましたが、今回はその他の結果についてもまとめてみました。

どのチームがどこと対戦してどんな結果だったのか確認いただければ幸いです。

スポンサーリンク

文部科学大臣杯第46回全日本アルティメット選手権大会本戦結果〜ウィメン部門〜

昨日に引き続きウィメン部門の全日本選手権についてトーナメント表と最終順位を出しました。

ウィメンは現在トップチーム5強の戦国時代に入っており、準々決勝でその中の一角が落ちてしまうという激しい争いになっています。

また、来年行われる世界アルティメットクラブチーム選手権の出場枠1枠をめぐる戦いでもあるのでより一層激しさを感じられる大会でした。

というわけで前置きはこの辺で、トーナメント表から見ていきましょう。

ベスト16〜準決勝トーナメント

JFDAホームページより抜粋

3位〜8位決定戦

JFDAホームページより抜粋

9位トーナメント

JFDAホームページより抜粋

11位〜16位決定戦

JFDAホームページより抜粋

最終順位

決勝戦を残した最終順位は以下の通りです。

  1. 未定
  2. 未定
  3. 東京マーベリックス(関東)
  4. HUCK(関東)
  5. UNO(中部)
  6. 日本体育大学バーバリアンズ(関東)
  7. 法政大学ASA-MAC’S(関東)
  8. ORCA(中部)
  9. 成蹊大学LIBEROS(関東)
  10. 中京大学NaughtyKids(関東)
  11. JANDLUX(北海道・東北)
  12. Ratolowlezz(九州・沖縄)
  13. Buddys(関西)
  14. 大坂成蹊大学(関西)
  15. 早稲田大学ソニックス(関東)
  16. 近畿大学(関西)

まとめ

以上、文部科学大臣杯第46回全日本アルティメット選手権大会本戦のウィメン部門の結果についてでした。

関東のトップチームが1〜4位に入り、中部の壱が5位となりました。(1、2位は未定)

壱としては必ず準々決勝で上位4チームと戦わなければならないので今までもそうでしたが、これからも厳しい戦いが続きそうです。

学生では日本体育大学が最高順位の6位に続き、法政大学が7位、成蹊大学が9位という成績を納めています。こちらの大学もいずれも関東の大学です。

こうしてみるとウィメンの部は顕著に関東にパワーバランスが寄っていて「東高西低」な感じがしますね。(関西頑張れ!)

決勝戦がまだ残っています。大戦国時代の王者になるのは、前回優勝のMUDか、それとも前回のリベンジを狙うスワンピーバーグか、目が離せません。

というわけで今日はこの辺で。

ではまた。

コメント

タイトルとURLをコピーしました