初心者向けルール解説〜ゴールライン付近の疑問〜

ルール・SOTG

こんにちは、現在の仕事についてから早くも1年が経過し、コロナ禍における時の流れにドン引きしておりますバズバレッツの雷人です。

大雨ですね。全日本選手権の地区予選も土曜日は中止という判断になったようです。明日も場所によっては朝まで雨が残るようですが、なんとか晴れてほしいものです。

さて、今日はルール解説記事で「初心者向けルール解説〜ゴールライン付近の疑問〜」というテーマで書いていきます。

質問いただきました。

オフェンス時、エンドゾーン前のラインを踏んだ状態は”ノット”ですか?”イン”ですか?

質問いただいてから時間がたっているので既に解消済みかと思いますが、一人の疑問は今後アルティメットを始める方の疑問です。

普段であればそのまま質問箱で回答するような内容ですが、長らく放置してしまっていたので改めてブログにて解説してみようと思います。

そんなのわかっているよという方もいると思いますが、間違った部分があればご指摘いただければ幸いです。

スポンサーリンク

初心者向けルール解説〜ゴールライン付近の疑問〜

アルティメットはプレイヤーが審判の役割を担って行うという、ほかのスポーツにはない特徴を持っています。

そのためアルティメットにおいて「ルールを熟知すること」は競技者にとって重要なことであり、ルールブックでも最も大事な第1章にそのルールが記載されています。

1.3. 選手は競技者であると同時に、審判としての役割も担っているという認識を持たなければならない。協議が発生した場合、選手には以下のことが求められる。

1.3.1. ルールを熟知していること。

WFDF アルティメット公式ルール 2021-2024 年版 日本語訳 ver.1.0より抜粋

特にアルティメットを始めたばかりの人にとって、ルールを理解することは難しく少しずつプレーを重ねながら覚えていくしかありません。

今日はそんな中でもゴールライン付近の疑問について解消していきたいと思います。

質問者さんの疑問に寄り添って考えていきましょう。

結論としては「ノット」という一言で終わらせることができますが、きちんと解説していきますね。

「ノット」なのか「イン」なのか?

質問者さんの疑問はシンプルで、ゴールライン上にいる場合ってどっちなの?です。

これはまず、どの状態になったら「イン」つまり「ゴール」が認められるか?を理解する必要があります。

ちなみに「ノット」はディフェンス側が相手がまだゴールしていないことをアピールする時に使ったりする言葉ですが、ルールブックには記載ないのでルールとしてのコールではない。はずです。(「ノットイン」や「ノーイン」とか言われます。)

話を戻して、どうすれば「ゴール」なのかを確認しましょう。14章の得点のところです。

14.1. イン・バウンズの選手が有効なパスをキャッチしたうえで、以下のような状況が発生した場合に得点となる。

14.1.1. 地面と接触しながらディスクをキャッチした選手の接地箇所すべてが完全に攻撃側のエンドゾーン内に入っている場合。または、空中でディスクをキャッチした選手の最初の接地箇所すべてが完全に攻撃側のエンドゾーン内に入っている場合。

WFDF アルティメット公式ルール 2021-2024 年版 日本語訳 ver.1.0より抜粋

キャッチした後の最初に接地した箇所がエンドゾーン内ならゴールとなります。

ゴールラインはエンドゾーン内なのか?

質問者さんの疑問では「エンドゾーン前のラインを踏んだ状態」とあります。(ちなみにエンドゾーン前のライン=ゴールラインと呼びます)

アルティメットのプレイングフィールド

セントラルゾーンがあって、両サイドにエンドゾーン、その仕切りとなっているのがゴールラインです。ルールを確認すると、

2.4.ゴールラインは、セントラルゾーンとエンドゾーンを分けるもので、セントラルゾーンに含まれる。(オンラインでのプレイはゴールとならない)

WFDF アルティメット公式ルール 2021-2024 年版 日本語訳 ver.1.0より抜粋

としっかりとゴールラインはセントラルゾーンに含まれると書かれているので、ゴールじゃないということになります。(画像の中のゴールラインを含む細い赤枠がセントラルゾーンということです)

「エンドゾーン前のラインを踏んだ状態はノットである」これが今回の質問の回答になります。

ゴールライン前でよくある話

今回の質問のようにゴールラインを踏んでいる状態であればわかりやすいですが、ゴールライン前でよくある話としては、ゴールラインをまたいでジャンプしてキャッチした時に「ゴール」か「ノット」かという話があります。

  • セントラルゾーンでジャンプする⇨空中でキャッチ⇨エンドゾーン内着地=ゴール
  • セントラルゾーンでキャッチする⇨ジャンプする⇨エンドゾーン内に着地=ノット

このキャッチしたタイミングがとても微妙で、「ノット」と言われるシーンを見かけることがあります。

明らかにキャッチしてからジャンプしたでしょという場合は、ちょっとした笑いが起きることもあります。

これはゴール前でよくある話なので合わせて覚えておきましょう。

まとめ

というわけで今日は「エンドゾーン前のラインを踏んだ状態は”ノット”ですか?”イン”ですか?」という質問に回答しました。

結論は「エンドゾーン前のラインはゴールラインと呼ばれ、ライン上はセントラルゾーン含まれるのでラインを踏んだ状態は”ノット”」ということになります。

ちなみにサイドラインやエンドラインはセントラルゾーンには含まれないので、踏んだ状態でディスクをキャッチしたり、空中でキャッチして最初の接地がライン上だとアウトオブバウンズになります。(黒枠はアウト)

アルティメットのプレイングフィールド

こうしてフィールドをラインで区分けして理解するとわかりやすいかもしれません。

まだまだたくさん難しいルールはあるかと思いますので、少しずつ解説記事も増やしていこうと思います。

というわけで今日はこの辺で。

ではまた。

コメント

タイトルとURLをコピーしました